IGNIS LOGO
会の趣旨 活動 美食会 講習と研修 名簿 特典 レシピ リンク お問い合わせ
HOME

2006年美食会

2006年美食会
06年の美食会が10月2日(月)、大阪・本町「レストラン ミッテ」にて開催されました。今回は8月末に催した創立25周年記念パーティーの流れを受け、当会にとって第3世代に当たる30代の会員ばかりが担当。「受け継がれていくものは技術だけではないはず。精神や志をも継承し、さらに羽ばたかせていこう」という確認のできた有意義な宴から1ヶ月。時代、世代、年令、3通りの「age」が各料理に、また集積であるコースにどう表れたのか?ご体験いただけなかった方は写真にてお確かめください。

アミューズオードブル魚料理肉料理デザートプティフール

アミューズ
料理写真
担当:四木 雄志(ラディーチェ)
点線
秋刀魚の燻製 大麦とレンズ豆のサラダ仕立て
仔羊のラグーの‘アランチーニ'カレー風味
モッツァレラチーズを包んだパルマ産生ハム
点線
シンプルに装いながらイタリアンのエスプリを感じていただく3品。秋刀魚の料理は肝を使ったソースが麦、豆、オクラの食感と一体化して見事です。アランチーニはライスコロッケ、カツカレーライスの再構築といっていいでしょう。生ハム、ブドウ、トマト、モッツァレラチーズの組合せも黄金律といっていい好相性です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


オードブル
料理写真
担当:秋吉 博国(ザ・ヒルトップテラス奈良「ラ・テラス」)
点線
セップと豚頭のテリーヌ 3種のマスタード風味 キノコとトリュフのアンサンブル
点線
じっくり煮て骨から外した頭肉をセップとソテーし、発芽マスタードを加えてテリーヌにしました。盛りつける直前にパートブリックを貼りつけて焼いてあるので、表面がクリスピー。グリーンマスタード、クリームマスタードと、香りと辛味のグラデーションが抜群な一品です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


魚料理
料理写真
担当:池戸 大(ルッリョ・ドディチ)
点線
帆立ニョッキを包んだ穴子のインパナート
点線
インパナートとはパン粉焼きです。帆立とジャガイモを等量で合わせたニョッキを、昆布だしで蒸した穴子で包み、さらにパン粉をつけて焼いています。ソースは低温で焼いた赤パプリカのピューレ。さまざまな甘さが時間差なしに一気に押し寄せて来る、一体感を楽しむ一品です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


肉料理
料理写真
担当:池川 貢司(レストラン ミッテ)
点線
シャラン産鴨胸肉のロースト フォワグラ添えパン・デ・ピスのピューレ 赤ワインのコルセ
点線
鴨は胸肉を皮で巻いてロールにし、ロゼに焼き上げました。栗のグラッセ、さまざまなキノコのソテーを添えて、秋らしさたっぷり。パン・デ・ピスに使ったオレンジ、煮詰めた赤ワイン、炙ったフォアグラ、セロリ葉を効かせた砂肝のコンフィと、多数の要素を投じてハーモニーを作り上げた重層的な料理です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


デザート
料理写真
担当:木村 重吉(ブラッスリー ル・アルジャン)
点線
オペラカフェ ゆずとタイムのグラス添え
点線
華麗なガトーオペラにイチジクのジャム、ゆずとタイムのアイスクリームを添えました。ジャムからはほんのりスターアニスの香りも漂い、これもまた季節の香りを重層的に表現した一品です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


プティフール
料理写真
担当:橋本 智也(トラットリア・バール ピアノ ピアーノ)
点線
フィオレンテイーナ、ディアマンテ・アル・カッフェ、パーチ・ディ・ダーマ
点線
最後はイタリアの素朴な焼菓子です。ナッツのヌガーが載った手前がフィオレンテイーナ。右、チョコレートをサンドしたものが、貴婦人のキスの意味を持つパーチ・ディ・ダーマ。ディアマンテ・アル・カッフェはエスプレッソが香る、お茶の友にぴったりの一品です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
HOMEUP


シェフ集合写真   心中(30過ぎて若手呼ばわりなんてしゃらくさい!)といった気骨に満ちた第3世代シェフを中心に。会場では「やっぱり料理に若さが満ちている」といった声がよく聞かれました。
各店鋪から集まった精鋭サービス陣は約30人。今回は6人テーブル席が中心だったため、見知らぬゲスト同士が打ち解けながら食事を楽しめるよう、キビキビした動き、あふれんばかりのホスピタリティーで励みました。   スタッフ集合写真
レストラン ミッテ   約80名のゲストをお迎えしたのは抜けるような天井高を誇る「ミッテ」。人気の空間デザイナー間宮芳彦が手がけた大人志向の瀟洒なレストラン。生ピアノ演奏、流麗な司会進行で、美食会にふさわしい一夜となりました。
HOMEUP

アミューズオードブル魚料理肉料理デザートプティフール



Copyright (C) 2003 tsuitachikai-osaka All Rights Reserved.


HOME