IGNIS LOGO
会の趣旨 活動 美食会 講習と研修 名簿 特典 レシピ リンク お問い合わせ
HOME

2008年美食会

2008年美食会レポート キュイジニエ劇場☆一夜限りのライブ・エンターテインメント・ショー☆
一年お休みをいただいた美食会を12月1日(月)、大阪・茶屋町「ビランチャ梅田」にて開催いたしました。よりいっそうのパワーアップを目指して、今回テーマとしたのはライブ感。スクリーンに調理中のキッチン風景を上映し、依田英敏会長の実況中継を交えた食事会を試みました。題して「キュイジニエ劇場☆一夜限りのライブ・エンターテインメント・ショー☆」。メニュー作成を担当したシェフだけでなく、会員シェフと各店のスタッフが厨房をあふれんばかりに埋め尽くす光景はまさに圧巻で、館内は熱気と興奮が充満。パーティーにふさわしい12月に、お一人様2万円の料理をご用意した新機軸の美食会、ハンドベル演奏&アカペラコーラスの演出もムーディで、華やかかつ躍動感ある一夜となりました。この盛況をさらに超えるべく次回以後も奮闘していこうと、一同固く決意いたしました。来年もどうぞご期待くださいませ。 2008年美食会レポート キュイジニエ劇場☆一夜限りのライブ・エンターテインメント・ショー☆

アミューズ冷前菜温前菜魚料理肉料理デザート

アミューズ
料理写真
担当:赤田 裕弘(ギュール)
点線
フォワグラとジビエのアミューズ 〜フォワグラのクロケット キジとセップ茸のブルーテ 鹿肉のテリーヌ ブーダンノワール〜
点線
濃厚なブルーテに、滋味深く噛みごたえのあるテリーヌ、猪の背脂の甘みが口中に広がるブーダンと、丹波産のジビエを3通りに表現しました。クロケットは澄ましバター仕上げ。美食会の幕開けにふさわしい瀟酒でリュクスなつきだしです。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


冷前菜
料理写真
担当:小阪 歩武(ラッフィナート)
点線
ココアを練りこんだガルガネッリ 自家製からすみとブルターニュ産オマールのサラダ仕立て
点線
ガストロノミーを象徴する食材「ブルトン」を、冷製手打麺、カステルフランコや春菊など香りのいい野菜と共にサラダ仕立てにしました。アサリのだしを効かせたセロリのピューレとからすみで上下を囲み、オマールの殻から取ったエッセンスを皿に流したピクチャレスクな前菜です。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


温前菜
料理写真
担当:池川 貢司(レストラン ミッテ)
点線
いろいろな貝類とタラバ蟹のセルクル ウイキョウの香り 雲丹のフランとブイヤベースソース パーシュニップのアイオリをあわせて
点線
とても長いメニュー名が表す通り、非常に要素の多い複雑な構成の前菜です。セルクルは下から帆立貝のムース、雲丹のフラン、ウイキョウとエシャロットとセロリで和えた蟹のサラダ、ミル貝にツブ貝、サザエとミルフィーユ状。泡立てることでコク深さに軽みを持たせたブイヤベースソースが、海の幸の祭典のようなこの一品を一体化させています。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


魚料理
料理写真
担当:柿田 将宏(ビランチャ)
点線
鮑のリゾットに焼河豚、黒米のフリットと白トリュフを添えて
点線

イタリア産の有機栽培・1年熟成のカルナローリ米をアルデンテに仕上げたリゾットと、炊いてから乾燥させてさらに揚げた黒米の食感の取合わせが見事。直火焼でミキュイに仕上げた虎河豚、鮑の肝ソース、ふんだんな白トリュフ…。館内に漂う芳香にはゲストも陶然となり、贅沢極まる一皿となりました。


写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


肉料理
料理写真
担当:秋吉 博国(ザ・ヒルトップテラス奈良「ラ・テラス」)
点線
鳩のロースト いろいろなフランス産キノコと共に トランペットのピューレと鳩のジュのソース
点線
ブレス産の窒息鳩を使い、シェフが得意とする多種類のキノコのハーモニーと合わせました。トリュフを中心に馥郁たる香りの渦が押し寄せ、フォアグラを加えたソースの力強さが後から追いかけて来ます。トースト状のものは鳩や鶏の肝のムースを挟み込んだクロックムッシュ。素材を余すところなく生かすフランス料理の叡智を、ガストロノミーモードで表現しています。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
UP


デザート
料理写真
担当:依田 英敏(ルセット)
点線
ラ・フランスの温製タルト トリュフとショコラのアンサンブル
点線
エンジェル、聖夜の装いをイメージした締めくくり。タルトの上にショコラのブリュレと卵状のカップ、トリュフのアイスクリーム、羽根を重ね、フレッシュトリュフを花びらのように散らせています。温かいものと冷たいものを一つにしたことで生じた儚さもまた、特別な一夜にふさわしいもので、快い余韻を残す一品でした。

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。
HOMEUP


パン   どんぐり入りやコンプレなど、冷前菜、温前菜、魚料理、肉料理の4品のためだけに焼かれた4種類のパン。神戸のブランジェリー コム・シノワの西川功晃氏に依頼しました。2008年の国際パンコンクールの日本代表となったことでいっそう名声を高めた気鋭のパン職人です。
約60名のゲストをお迎えしたのは茶屋町NU内のビランチャ梅田店。厨房内の様子をそのまま伝えるスクリーンにゲストの視線は釘付けでした。   会場風景
シェフ集合   60人のゲストのために、6人のメニュー担当シェフをはじめ、会員および各店のスタッフが集結。躍動感にあふれ、かつ緻密な仕事を披露しました。
各店鋪から集まった精鋭サービス陣。「映像の中継、解説の合間を縫ってテンポよく」という果敢なサービスに挑みました。   サービス集合
ハンドベル   この日のためだけに結成されたカルテット。ハンドベル演奏だけでなく、アカペラのコーラスも素晴らしく「ライブ・エンターテインメント・ショー」を盛り上げました。
会長でありデザートを担当した依田 英敏が解説を交えながらライブ中継を実況しました。   会長でありデザートを担当した依田 英敏が解説を交えながらライブ中継を実況しました。
地元関西の「あまから手帖」編集主幹の門上 武司さんのスピーチ。世間では不況不況とかまびすしいけれど、これだけのゲストがこのイベントに参加し、また客席の盛り上がりが大変素晴らしいと絶賛を賜りました   地元関西の「あまから手帖」編集主幹の門上 武司さんのスピーチ。世間では不況不況とかまびすしいけれど、これだけのゲストがこのイベントに参加し、また客席の盛り上がりが大変素晴らしいと絶賛を賜りました
終演後、会場となったビランチャのオーナーシェフである柿田 将宏よりご挨拶。惜しみない拍手を頂戴いたしました。   終演後、会場となったビランチャのオーナーシェフである柿田 将宏よりご挨拶。惜しみない拍手を頂戴いたしました。
お土産   テーブルにお出しする代わりにこのパッケージに入れてお渡ししたミニャルディーズ。6人のシェフのサインと12.1の日付入りで、その場で召し上がっていただいても、お持ち帰りいただいてもご自由にという演出が好評でした。
HOMEUP

アミューズ冷前菜温前菜魚料理肉料理デザート



Copyright (C) 2003 tsuitachikai-osaka All Rights Reserved.


HOME